お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2013年05月09日

キース・ジャレット・トリオ 【コラム】Somewhere, Before, and After...と日常日記

キース・ジャレット・トリオ 【コラム】Somewhere, Before, and After...

Somewhere, Before, and After...

キース・ジャレット・トリオのCDにおける沈黙は2002年7月『アップ・フォー・イット』から、10年間つづいた。そして突然、このライヴ盤『サムホエア』の発売とそれに続く公演をもって、30年続いたトリオは、完全に沈黙する。5月には日本公演が決まっているが、それがこのトリオの音楽にライヴで接することができる最期の機会となる。

あらゆるピアノファンがジャンルを超えて聴いてきたキース・ジャレットのピアノソロへの世界的関心があってこそ、なのだろうが、このトリオは、ジャンルを超えて多くの音楽好きの耳をジャズにひきつけてきた。スタンダーズと名乗りをあげ、ジャズの名曲を演奏するのだというマニフェストを掲げたことによって、頑固なジャズファンももはや聴かずにはいられない音楽となり、ついにはその魔法の虜となった。しかし、頑なに孤高のピアノソロの世界に浸っていたキースが突然その姿勢を軟化させて、ピアノトリオでジャズのスタンダードアルバムを発売したときの衝撃は、当時、凄まじいものがあった。かつての、「これはジャズか?」という際どさではなく、「これはスタンダードか?」くらいにはジャズ界を揺らした。

そのスタンダーズの13年前に制作された、『Tales of Another 』(ECM/1977)というゲイリー・ピーコック名義の、この3人のアルバムがある。ゲイリー、キース・ジャレット、ジャック・ディジョネットの3人が、そして世界が、彼らの音楽に接触したのはこのアルバムが最初だった。いまでは周知の、彼らのコレクティブな演奏/即興作法の、最初のひとふりが、記録されている。振り返ってみるとその音楽は、とても美しい気配を漂わせ、『Changes』『Changeless』などとタイトルを変化させながら、今日まで我々が知っている、ジャズという音楽にまとわりつき、ジャズというドグマを翻弄してきた。

2002年の『アップ・フォー・イット』がすでにそうだったが、何を演奏するにしても、存在していたこの3人固有の緊張は、すでにこのトリオからは溶けていた。その7年後のこのライヴの演奏も、すでにある種の寛容の中で、演奏が進んでいく様が聴こえる。この雰囲気は、かつてジャック・ディジョネットに代わってポール・モチアンが参加したライヴ盤『At Deer Head Inn』の雰囲気にそっくりだ。いつもと違う、のどかにグルーブを楽しむ聴衆と3人。まさにその雰囲気だ。あるいは、この時すでに、おそらく3人の視線が交わるところに、“Fin”の3文字が見えていたのかもしれない。


【LIVE INFORMATION】
『キース・ジャレット・トリオ結成30周年記念公演』
5/3(月・祝)、5/9(木)、5/15(水)18:00開場/19:00開演
会場:渋谷Bunkamuraオーチャードホール(東京)

5/12(日)18:15開場/19:00開演
会場:フェスティバルホール(大阪)

http://koinumamusic.com/concert/trio30thanniversary/


(文/高見一樹 intoxicate vol.103掲載)
(この記事はTOWER RECORDS ONLINEから引用させて頂きました)




ちなみに、今日のディナーは、上ミノと塩ラーメン。

スイーツはデイリーヤマザキのチョコレートパフェ。至高の極みです(笑)

と、いう事で、今夜はここでお別れです。お疲れサマンサ♪


[PR]前島式 肩甲骨ダイエット

食事制限はもちろん、毎日1時間ジョギングをしたり、縄跳びをしたり、岩盤浴やサウナも試してきました。
それでも50キロという壁を越える事は出来ずに、とても悩んでいました。
そんな時に出会ったのが前島先生の肩甲骨ダイエットでした。
最初は「肩甲骨を動かせば痩せる」という言葉にしっくりきませんでしたが、たった1週間で服が緩くなっている事に気付いて、楽しく続ける事が出来ました。
目標の46キロまであと少し!頑張ります!
体重はさほど気にはしていなかったのですが、鏡を見るのも嫌になるくらい、昔の面影がなくなっていく体型にいつもため息をついていました。
歳のせいにして、いつも目を背...
つづき
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)

posted by 結衣 at 20:34| Comment(0) | エンタメニュース 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

seo great banner